Fonte des neiges

lesneiges.exblog.jp
ブログトップ

最近読んだ本

図書館、素敵です。

「一度に10冊借りることができる」ということは
気になるテーマや著者の本を一度に10冊読めることになります。
そうなると、今までみたいに買って一冊大事に読んでいた時と違って
点から線へ、面へと、一冊読んだだけの時と違うものが見えてくる、
そんな気がします。

経済的にも負担は比べ物にならないほど小さいし(笑)

とりあえず最近のマイブームは『萱野稔人』です。
これで全部で5冊(うち対談3冊)
大体どんなことを根拠に何を言おうとしている人なのか、見えてきた感じ。

http://www.amazon.co.jp/最新-日本言論知図-萱野-稔人/dp/4487804809/ref=pd_sim_b_8

b0271337_210932.jpg

取り扱っている言葉、図式も面白いけど、
やはりここでも対談が。
面白かったところはコピー






http://www.amazon.co.jp/超マクロ展望-世界経済の真実-集英社新書-水野-和夫/dp/4087205681/ref=pd_sim_b_7

b0271337_2122199.jpg

ブローデルから派生する経済学のようなものがあるのですね(メモメモ)
興味深い経済学者も・・・



ttp://www.amazon.co.jp/暴力はいけないことだと誰もがいうけれど-14歳の世渡り術-萱野-稔人/dp/4309616569

b0271337_2141687.jpg


善悪、倫理からではなく、暴力を国家の存在の根底と捉える考え方、
なるほどなあ、と目から鱗。

著者、フランスで学んできた哲学者・・・
の割に、私たちの今取り巻く問題について
回りくどくなくズバズバ言っているのが
非常に好感持てて、面白い。
[PR]
# by quatrevingtjours | 2013-10-21 22:33 |

「生きづらさ」について

http://www.amazon.co.jp/「生きづらさ」について-光文社新書-萱野稔人/dp/4334034616

b0271337_13273410.jpg


この本が出てから、
もう5年も経ったのか・・・

日本社会、変わってないじゃない(;;)





・・・
今、これを書きながら国会中継なんか見ているから
余計滅入るのかもしれないです。

強い経済って何?
法人税をカットして消費税導入ってどういうこと?
儲けているところにさらに金を回すってこと???
[PR]
# by quatrevingtjours | 2013-10-18 13:31 |

10歳からの親業

http://www.amazon.co.jp/10歳からの親業-親と子の問題を解決する「聞き方」「話し方」-講談社プラスアルファ文庫-近藤-千恵/dp/4062812592

b0271337_1315313.jpg


お友達のオススメで知った「親業」
そうなんです。「聞くこと」ってそもそも難しい。

特に自分の子どもの場合、距離の近さも相俟って
「違う人間として認め、尊重する」
ついついおろそかになってしまうことが多々あると
自分の胸に手を当てて、深く反省です。。

「積極的な聞き」
「問題の所在の線引き」
「尊重」
大事だなあ。

ただ、わかりやすく説明しよう・・としてか
?な例も沢山掲載されている・・・




親業については、トマス・ゴードンという人が提唱したものらしいです。

http://www.amazon.co.jp/親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方-トマス-ゴードン/dp/4479011137/ref=pd_sim_b_2

b0271337_13204258.jpg


夫はこちらの方がずっと読みやすかったとのこと。
[PR]
# by quatrevingtjours | 2013-10-18 13:21 |

アルゲリッチの水の戯れ

http://www.amazon.co.jp/ラヴェル-ピアノ協奏曲-アルゲリッチ-マルタ/dp/B000M5B9E4

b0271337_1332264.jpg


ああ、この曲は聴いたことあるな〜
これラヴェルだったんだ〜

ぶつぶつ独り言いいつつ深夜の勉強時間。
思わず手が止まった曲。


『水の戯れ』


美しい・・・!!!
ラヴェルすごい!作曲者の凄さもあるのですが、
演奏も新鮮、繊細、はっとさせるものがあって・・・


最近一番のお気に入りです。
[PR]
# by quatrevingtjours | 2013-10-15 13:06 | 音楽

アルゲリッチのラフマニノフ第三番

http://www.amazon.co.jp/ラフマニノフ-ピアノ協奏曲第3番-アルゲリッチ-マルタ/dp/B0009N2VDW

b0271337_22131087.jpg


映画「シャイン」を見てから
ずっとこの曲をフルで聴きたかったのです。



アルゲリッチの演奏、初めて聴いたのですが
すごいわー。
曲の凄さももちろんあると思うのですが、
繊細さとダイナミックさが共存していて・・・



ラフマニノフ、素敵だけど、
勉強しながら聴くにはちょっと疲れました(;;)
勉強には知らず知らず、曲を聴いているのを忘れられるくらいの方が
いいのかもしれません。。。


※そういえばマイスキーと弾いているCDを持っていた・・・
[PR]
# by quatrevingtjours | 2013-10-13 22:16 | 音楽